お知らせ

紅葉~外出訓練~

紅葉の時期ということで、3週にわたり少人数にて外出訓練へ行ってきました。

デイサービスでのサービス提供は原則事業所の中で行われますが、外出により効果的な場合には事業所の屋外でサービス提供することも可能となっています。デイサービスの役割として、社会的孤立を防ぐことや、地域との繋がりを保つという点でも意義があり、外出により機能訓練などに効果的であったり、生活意欲が向上する要因として最適であり、かつケアプラン、通所介護計画書の中で位置づけられている方を対象に実施しています。

数か月前から、利用者さんと一緒に計画を立てて、しおりの作成も行い、みなさん本当にとても楽しみにされていました。コロナ禍で実施できるか不安でしたが、外出訓練に向けて事業所内での歩行訓練も気合いが入っていました。

楽しみや目標があると、そこに向かって頑張れる、キラキラしている姿を目の当たりにして、絶対に連れって行ってあげたいと、スタッフも気合いが入りました。

もう実施後の感想は言語化するまでもなく、みなさん本当に本当に喜ばれ、楽しい時間を共有できました♪

ご協力下さいました、水沼温泉センター専務取締役 神山さん、ありがとうございました。

桐生市自立支援型地域ケア会議「誰もが住み慣れた地域で自分らしくいきいきと安心して暮らせる支え合いのまちづくり」

サービス事業所として参加させて頂きました。

自立支援と介護予防の観点から、個別ケースの支援内容や具体的な地域課題
について、多職種が協働して検討を行うことで、医療・介護・生活支援等の多
様な支援体制を構築し、高齢者の課題解決、自立支援の促進、QOL の向上及
び参加者の専門的能力の向上を図ることを目的とする会議です。

さまざまな専門職の方々との意見交換はとても勉強となりました。

トレーニングハウスRのスタッフ全員で今日の学びを共有し、今後の支援に生かしていきたいと思います。

介護予防教室「にっこり楽々教室」

「にっこり楽々教室」の第3回目を開催しました。

今回は、音楽レクとご自宅でできる筋力トレーニング、タオル体操を行いました。

みなさんスタート時間よりも早くに来てワイワイとおしゃべりを楽しまれていました。

「今日は何するの~楽しみにしてきたんだよ」「先週覚えたやつ忘れちゃったからまた教えて~」

と、たくさん声をかけてくださいました。

今日のメインである音楽レク!

音楽に合わせて体を動かすことで、基本的日常生活動作(ADL)の向上を目指すことが目的です。

基本的日常生活動作(ADL)とは、日常生活で必要な最低限の行動のことです。

移動や食事、更衣、排泄、入浴、整容などを指します。

大きな声を出して歌うことは、口腔機能や肺機能を高めるうえで有効です。

そして何より楽しいから、続けていけます。

前回から好評でしたので、今回は音楽レクをメインにみんなで一緒に時間を過ごしました。

二胡の演奏

先日、二胡の演奏会が行われました。

コロナ禍でずっと開催が先延ばしになってしまいましたが、少人数でやっと開催することができました。

とても素敵な演奏で、みなさん気持ちの良い空気に包まれました。

リズムを感じながら体を動かせば、身体的な機能維持にも繋がりますし、仲間と楽しい音楽に触れることで、生活の質が向上するという効果があります。

次回のクリスマスの演奏もとても楽しみです。

介護予防教室「にっこり楽々教室」

「にっこり楽々教室」の第2回目を開催しました。

今回は、上肢・下肢・口腔の筋力トレーニング、「感染症対策」についての講義、棒体操を行いました。

前回の復習からスタートしましたが、先週からご自宅でも継続して行ってくれている方もいて、とてもうれしく思いました。音楽レクも「お風呂に入りながらやってるよー。」と元気に話してくれました。2回目の開催ですが、すでに参加者さん同士が仲良くなっていたり、お名前を覚え合っていたりする姿が見れてほっこりしました。

このような場に自ら参加されている第一歩こそが介護予防につながりますよね。

やはり、運動を行ったり、介護予防に関する知識を習得することによって、機能低下を防ぐ、または低下の速度をゆっくりとすることができます。

今後も交流や生きがいづくりを目的とした居場所づくりを積極的に支援し、閉じこもりや孤立を未然に防ぐとともに、日々のふれあいの積み重ねにより、地域における支え合いの輪を広げていきたいと思います。

介護労働者雇用管理責任者講習

~介護事業所のための働きやすい、働きがいのある職場づくりのために~

2週にわたり受講しました。

以前も受講しましたが、忘れかけていた部分など再度の学びの時間となりました。

介護労働者が生き生きとその能力を発揮して働くことができる魅力ある職場づくりをしていきたいと思います。

働くスタッフ一人ひとりのやりがいと幸せがあるからこそ、より良い支援が提供できると思います。

外出訓練!

ひまわり畑!!

ワクチン2回接種が完了し、警戒度2に引き下がったことに伴い、やっとやっと外出訓練を実施することができました。それでもまだまだ神経を使い、感染症対策を念入りに行いながらの外出ですが、久しぶりの外出訓練にみなさんとっても生き生きとされていました。

お天気が良い日にたくさんのひまわりに囲まれて、皆さんすごく喜んで下さいました。

歩きながら見知らぬ人にお会いしたりしましたが、皆さん「こんにちはー。」と挨拶したりお話したり。小さなお子さんを連れたご夫婦が写真を撮ってくれたり、なんだかとても暖かい気持ちになりました。マスクをほんの一瞬外しての写真撮影の時は自然のキレイな空気を吸って、とても気持ち良いとたくさんの笑顔が溢れました。

「私はもう9〇才だからね」とお話して驚かれている利用者様もいました。日々利用者と接する中で思うのが、若い頃は自分の年齢を言いたくないって人も多いかと思うんですが、80歳代90歳代になると誇りを持って言えるんですね。尊敬の気持ちと共に自分もそうなりたいなと思います。

帰りながら近くの公園へ寄り、皆でお茶タイム♪青空の下で気持ち良い風も吹いていて、良い時間を過ごせました。

また来年も皆で行きたいですね♪

介護予防教室「にっこり楽々教室」

桐生市の委託事業、「にっこり楽々教室」スタートしました。

当初の予定よりも大幅に遅れての開催となりましたが、警戒度2に引き下がったことに伴い、今回スタートすることができました。何度も日程調整を図ったため、周知活動が行えませんでしたが、たくさんの方にご参加いただけました。関わって下さった方々に感謝と共に、お礼申し上げます。

5回にわたって開催される第1回目は「ロコモティブシンドローム」についての講義、機能低下を防ぐ筋力トレーニング、音楽レクを行いました。みなさんとっても元気でにこにこ笑顔で時間が足りないくらいあっという間でした。

家でも行える運動を学び合い、一週間の宿題をお出しして次回に繋げていこうと思います。

身体測定をしました!

今週は、月初めの身体測定を行いました!

トレーニングハウスRでは、これらの指標をもとに身体測定を行い、測定結果から個人個人の転倒リスクを把握し、転倒対策を行っています。

身体測定をすることを伝えると、

「今運動したばかりで疲れてるから、もう少し休憩したらする!」

と、皆さん気合が入っていました!笑

測定後は、スタッフと結果をみながら筋肉量、骨量、体重は減ったか…など先月と比べてどう変化したか確認し、今後の運動のプランを一緒に考えます。

筋肉量が増えた利用者様は、

「今までアールさんで運動を続けた成果が出ていて嬉しい!これからももっと頑張らなくちゃ!」

と、また一生懸命運動をしていました♬

卓球は脳のリハビリになる?!

久しぶりの更新になります!!

以前からあった卓球台はとても小さく華奢であった為、もう少し大きいのが欲しいと利用者さんからもリクエストがあり、買い替えたのは良かったのですが、組み立て式…笑

利用者さんと一緒に組み立てました!!

部活動のように真剣にプレイする利用者さんや、数人でラリーが続かなかったら交代しながら行う卓球ゲームなど、Rのデイではとても卓球が人気です。

リハビリの一環としても取り入れられる卓球。卓球療法と呼ばれ、医療や福祉の現場で注目されています。卓球は目でピンポン玉を追い、頻繁に手を動かすスポーツです。それだけでも脳血流を増加し、脳を活性化させるから認知症の進行防止にもなります。立位で行うからバランス感覚も要求されるので、立位・歩行バランス向上に役立ちます。

リハビリにも役立ち、仲間と楽しい時間も過ごし、皆さんの笑顔がたくさん見られましたッ!!