お知らせ

桐生市キャラバン・メイト連絡会

zoomミーティングでした。

桐生市キャラバンメイト連絡会の役員としても活動させて頂いていますが、コロナ禍で思うような活動も出来ず、心苦しいこともあります。ですが、みんなで知恵を出し合い、出来る事を考え、発信が途絶えることなく今後も活動していきたいと思います。

みんなで『認知症』の方をささえよう。

誰もが住み慣れた地域で

自分らしく いきいきと

安心して 暮らせるまちに

『ぐんま介護人材育成宣言』事業者認定‼︎

株式会社チームアールは、群馬県が人材育成及び処遇・職場環境の改善に積極的に取り組む介護事業者である「ぐんま介護人材育成宣言」事業者として認定されました。

職員1人ひとりがやりがいを持って働き続けられる魅力ある職場づくりに取り組むことを宣言します!!

居宅介護支援事業所アール

ケアマネージャーが2人増えました!!

男性と女性のケアマネージャーが増え、女性2人、男性1人の3人体制で支援を行うこととなりました。様々な資格を持ち、年齢も様々、3人でタッグを組めば様々なニーズに応えることができます。

心から幸せを感じられる場所

どんな状況でも大丈夫だと思える場所

そんな多種多様な環境作りを、この街に暮らすみなさまが、安心して過ごせる様にお手伝いをさせていただき、寄り添ってまいります。お気軽にご相談ください。

さらにパワーアップした居宅介護支援事業所アールを今後ともよろしくお願いいたします。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本日より『運動特化型デイサービス トレーニングハウスR』『居宅介護支援事業アール』営業開始となりました。

今年も『Rに来てよかった!』『アールに頼んでよかった!』と思って頂けるように努め、人の幸せを一番に考えられる、さらにバージョンアップしたチームアールで皆さんと過ごしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

株式会社チームアール
職員一同

仕事納め

『運動特化型デイサービス トレーニングハウスR』『居宅介護支援事業所アール』は年内の営業が今日で終了しました。関わって下さった方々、力を貸して下さった方々、本当にありがとうございました。

そして、トレーニングハウスR、居宅介護支援事業所アールをご利用して下さっている利用者様に感謝と共にお礼を申し上げます。

1年間本当にありがとうございました。

コロナ禍でスタートした2年目。オープンしてからコロナ禍での営業しか経験していない中、これ以上のどん底はないと、逆に今後への期待とワクワクに溢れています。想定もしていない状況下で本当に大変なことばかりでしたが、こうして無事に2年目を終えられたのも、アールを選んで下さる利用者様、全力で一緒に走りぬいてくれたスタッフ、関わって下さる方々のお陰です。 

この気持ちを決して忘れることなく、来年はよりバージョンアップしたチームアールで歩んでいきたいと思います!!

1年間本当にありがとうございました。

来年も、ご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社チームアール 

代表取締役 関口 絵里奈

専務取締役 和田 由美

 

介護予防教室

「にっこり楽々教室」第5回目開催しました!

・音楽レク

・サザエさん体操

・認知症予防講義~後編

全5回の開催が終了しました。

参加して下さった方々から「今日で終わりなのが嫌だ。」「もっと続けてほしい。」「楽しかったー。」

とのお声を頂きました。

わたしたちも皆さまと一緒に楽しい時間を過ごすことができて、また学びの場ともなりました。

今後も地域の介護予防のお力になっていけるよう、皆さまと一緒に笑顔溢れる場であり続けられるよう努めていきたいと思います♪

介護予防教室「にっこり楽々教室」

「にっこり楽々教室」の第4回目を開催しました。

今回は、前回の続きのタオル体操や手指体操、自宅で出来る下肢筋力トレーニング、「認知症予防について」の講義を行いました。

「お風呂上りや顔洗った後にタオルでやってるよ~」「お風呂で歌いながらやると歌も上手に聞こえて調子がいいね」なんて話してくださり、その甲斐あって今回も、皆さん元気に体操してくださいました。

「認知症予防」についての講義では、治る認知症と治らない認知症や、防げる老化と防げない老化など、実際にできる確認動作やクイズ形式で、楽しみながら行いました。最も重要なのは「早期発見」「と「早期予防対策」です。

食生活や適度な運動、脳のトレーニングなどアプローチ方法はさまざまですが、生活をより健康的に、より充実して送れる様に、これからも支援させて頂きたいと思います。

次回が最後の教室となりますが、最後まで元気いっぱいに、皆さんと楽しい時間を過ごしていきます。

紅葉~外出訓練~

紅葉の時期ということで、3週にわたり少人数にて外出訓練へ行ってきました。

デイサービスでのサービス提供は原則事業所の中で行われますが、外出により効果的な場合には事業所の屋外でサービス提供することも可能となっています。デイサービスの役割として、社会的孤立を防ぐことや、地域との繋がりを保つという点でも意義があり、外出により機能訓練などに効果的であったり、生活意欲が向上する要因として最適であり、かつケアプラン、通所介護計画書の中で位置づけられている方を対象に実施しています。

数か月前から、利用者さんと一緒に計画を立てて、しおりの作成も行い、みなさん本当にとても楽しみにされていました。コロナ禍で実施できるか不安でしたが、外出訓練に向けて事業所内での歩行訓練も気合いが入っていました。

楽しみや目標があると、そこに向かって頑張れる、キラキラしている姿を目の当たりにして、絶対に連れって行ってあげたいと、スタッフも気合いが入りました。

もう実施後の感想は言語化するまでもなく、みなさん本当に本当に喜ばれ、楽しい時間を共有できました♪

ご協力下さいました、水沼温泉センター専務取締役 神山さん、ありがとうございました。

桐生市自立支援型地域ケア会議「誰もが住み慣れた地域で自分らしくいきいきと安心して暮らせる支え合いのまちづくり」

サービス事業所として参加させて頂きました。

自立支援と介護予防の観点から、個別ケースの支援内容や具体的な地域課題
について、多職種が協働して検討を行うことで、医療・介護・生活支援等の多
様な支援体制を構築し、高齢者の課題解決、自立支援の促進、QOL の向上及
び参加者の専門的能力の向上を図ることを目的とする会議です。

さまざまな専門職の方々との意見交換はとても勉強となりました。

トレーニングハウスRのスタッフ全員で今日の学びを共有し、今後の支援に生かしていきたいと思います。